HOME>注目記事>卒業することで国家試験にチャレンジできる

専門のカリキュラムが用意されている

灸院

鍼灸師は資格がなければ行うことができない職業だということを理解している方は少なくはないでしょう。しかし、その資格を得るための国家試験にチャレンジするための権利は、学校に通わなければ得られないことは知らないかもしれません。国から認定された学校に通わなければ、資格を得るための権利すら得られないので注意しましょう。なお、鍼灸師になるためのカリキュラムはみっちりと三年間分用意されていて、それよりも短い期間で学校を卒業することはできません。一年や二年といった近道のためのルートはまったく存在しないので、鍼灸師になりたいなら、大学と専門学校のどちらかに入学して卒業する必要があります。

就職を手伝ってくれる

鍼治療する女性

鍼灸師の学校が人気なのは、働き先を探すのをしっかりとサポートしてくれるところが多いからです。資格を取得すれば鍼灸院を開くことができるため、自分一人でお店をやることも可能です。しかし、経験がなければ人を集めるのは難しいので、最終的に独り立ちしたいとしても、まずは修行するためにどこかしらのお店に所属するのが無難です。その所属するお店を探す手伝いを学校がしてくれるので、最適な修業先を見つけることが可能となります。

夜間学部があるので昼間働ける

鍼灸

働いている方が何かしらの資格を取るために、専門的な学校に通うのは簡単なことではありません。しかし、鍼灸師の学校の中には、働きながら通えるように夜間学部を用意してくれているところもあります。昼間学部と同じカリキュラムが用意されていて、問題なく鍼灸師になれるため、働いているなら夜間学部の利用も考えましょう。もしも、三年で卒業するのが難しいと感じるなら、ある程度の余裕を持てる四年制の夜間学部の利用をおすすめします。

広告募集中