数ある項目の中で必ず注意して見るべき点

鍼と本

社会的なニーズの増加や学校が身近になったことから、鍼灸師の専門学校に通い資格取得を目指す人が増加傾向にあるようです。ただ、学校選びの際には色々な項目を確認する必要がありますが、その中でも特に注意して見るべき点がいくつかあります。まずは、国家試験の合格率です。これは、単に数字が高ければよいのではなく、その内容をしっかり確認しなければなりません。なぜなら、その数値は現役生だけのものであったりなど、一部に偏ったデータである可能性があるためです。現役生の合格だけでなく一度試験に落ちてしまった浪人の合格率はどうか、受験した人数はどうなのかなどを調べる必要があります。次に見るべきなのが、授業料の内訳になります。例えば、社会人で仕事をしながら通わなければいけないのに、行くことのできない研修旅行などの費用が含まれていると損をしてしまいます。自分の状況を考えて、不要な所に費用がかかっていないか注意しましょう。三つ目に注視すべき確認ポイントは、学校長や教員の経歴です。規制緩和により、以前より鍼灸師の専門学校は設立しやすくなり、他業種からの参入も増加してきました。中には、実務経験が少ない教員が指導しているような所もあるので、口コミなども確認して慎重に選びましょう。

一般的なカリキュラムなども知ろう

模型と鍼灸師

鍼灸師の専門学校には、どんなカリキュラムがあるのでしょうか。まずは、鍼灸と業務に必要な基礎知識を座学で学ぶことが多いようです。生理学などの医療的な基礎知識から、英語やコミュニケーション力など鍼灸師としての業務に必要なことまで、幅広く学びます。さらに、鍼灸治療をするのに欠かせない東洋医学の理論もしっかりと身に付けます。そうした後に徐々に実技を学んでいきますが、そこでは単に治療のための技術だけでなく、患者に安心・信頼してもらえるような施術方法も学んでいきます。鍼や灸という道具を使用するため、患者に不安を与えないようにする技術は非常に大切です。実技の基礎的な経験を積んでいったら、そこから専門的な知識・実技を学ぶ段階にステップアップします。特に、疾病の原因や患者の現状把握方法など実践的な内容が多くなってきます。西洋医学的な理論や実技も増えてくるので、これまで学んだことの土台固めをし、混乱しないようにしましょう。そして最後に、国家資格に合格するための勉強をみっちりと行っていきます。学校によっては独自の基準を超えていないと受検ができない可能性もあるので、今までの経験を無駄にしないように学力を高めていきましょう。

模型と鍼灸師

鍼

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中